資格:教育・スポーツ系
赤十字水上安全法指導員
水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。
「指導員養成講習」(検定を除く30時間)を受講し、検定に合格した方に「指導員認定証」を交付し、講習の指導にあたる指導員として活動をしていただいています。また、講習の前後に実施する研修会への参加が必要です。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.